TREATMENT OF PERIODONTAL DISEASE歯周病治療

Home > 歯周病治療

世界でもっとも感染者数の多い感染症

歯周病は、日本人が歯を失う原因の第1位。日本では大人の80%が歯周病の感染者、あるいは予備軍と言われており、世界でもっとも感染者数の多い感染症としてギネス認定されているほどの病気です。初期段階では自覚症状がなく、進行してからもなかなか気付きにくいのが特徴で、「気づいた時には手後れ」というケースが多数あります。

甲府の歯医者「山浦歯科医院」では、マイクロスコープを用いた専門的な歯周病治療で、重度の歯周病もできるだけ歯ぐきの切開をせずに治療しています。歯周病の自覚症状をお持ちの方はもちろん、「歯周病がないか診て欲しい」という方も、まずは当院までご来院ください。

全身に影響を与える歯周病

自覚症状の出にくい歯周病は「こわくない病気」と思われがちですが、肺炎や動脈硬化、心筋梗塞、糖尿病など、全身の病気との関連が指摘されています。

糖尿病

歯周病と糖尿病は相互に関連し、病状を悪化させ合うことが分かっています。

動脈硬化・心筋梗塞

動脈硬化・心筋梗塞の病巣から歯周病原菌の遺伝子が検出され、因果関係が注目されています。

早産・低体重児出産

歯周病にかかった歯周組織が作り出す物質(プロスタグランディンE2)が陣痛を促進させるため、早産などのリスクが高まります。妊娠中はホルモンバランスの変化によって歯周病にかかりやすくなるため、注意が必要です。

細菌性肺炎

歯周病菌の含まれる唾を誤って肺に飲み込んでしまうことで発症します。

歯周病を放置し、歯を失った場合のリスクについて

  • 全身的にはかみ合わせのバランスがくずれ姿勢が悪くなるなどという研究があります。
  • 脳の働きも低下すると言われています。
  • 局所的には残存歯に負担がかかり破折・咬合性外傷・フレアアウトなどの原因になります。
  • 咬合力の負担が出来なくなることで義歯にむけて負のサイクルになります。
  • プラークがたくさんある口腔内では、高齢者の場合、誤嚥性肺炎のリスク上がります。

歯周病の治療

歯周病には、ごく軽い炎症の段階から、歯が抜け落ちてしまう重度の段階まであります。歯周病治療においては現在の症状をしっかりと確認し、進行段階に合わせて処置することが大切です。歯周病菌はプラークや歯石に棲みついているので、それらを取り除くことがまずは歯周病治療の基本になります。

歯周病治療におけるデブライドメント

デブライドメントとは汚染を取りきるという意味があります。歯周病治療におけるデブライドメントを成功させるためには、歯周病の原因となる歯肉縁下のバイオフィルム・プラーク・歯石・汚染セメント質・嚢胞状組織を除去し、歯根表面の無菌化・無毒化を行い、歯周組織の再生を促すことが重要だと考えられています。

EVIDENCE(根拠)

Stambaugh RV, DragooM, Smith DM, Carasali L: The limits of subgingival scaling. Int J Perio Rest Dent, 1(5): 30-41, 1981
歯周ポケットの深さが3.73mm以上になると、歯石を取り残す可能性が高い。

Waerhaug J: Healing of the dento-epithelial junction following subgingival plaque control. Ⅱ: As observed on extracted teeth. J Periodontol, 49(3): 119-134, 1978.
5mm以上のポケットでは、歯石を取り残す危険性が非常に高い。
(この論文では89%取り残していたという結果であった。)

Caffesse RG et al: Scaling and root planing with and without periodontal flap surgery. J Clin Periodontol, 13: 205-210, 1986.
非外科処置も外科処置も、術後に実体顕微鏡(=手術用顕微鏡)でみると歯石の取り残しがみられた。
フラップをあけて処置しても3mmまでの浅い歯周ポケットでも処置後に14%歯石の取り残しがあり、4~6mmでは24%、6mm以上では50%取り残している。

また他にも、エビデンスから以下のように言われています。

  • しっかりとブラッシングを行っても重度の歯周炎は進行しますが、積極的なデブライドメントを行えば歯周病の進行を防ぐことができる
  • 歯肉縁上のプラークコントロールでは重度に進行した歯周炎の進行は止められなかった
  • 深い歯周ポケットに対して、保険で行うようなクリーニング(スケーリング)をすると(正確には初期治療(縁上スケーリング))歯周ポケットの入り口の歯肉が引き締まって閉じてしまい、歯周病でできたポケットの中の深い部位の歯周病細菌叢が活性状態になり、歯周病が悪化する事が起こるともあるため、深い歯周ポケットには直ちに歯肉縁下のクリーニングをしたほうが良い

このような論文は、アメリカの歯周病専門医の研究の論文であり、エビデンスレベルは高く、とても信用のおける論文です。

 一生懸命頑張って歯ブラシをしても重度の歯周炎は進行しますし、処置をする場合、一回で徹底的に汚れをとる必要があるということです。 ですが、上記論文のように、徹底的なクリーニングを行っても、保険の肉眼やルーペでの処置では汚れは取り切れないと言われています。 肉眼やルーペ下で処置をした後、手術用顕微鏡でチェックすると歯石が残っているのが確認されるように、一般的な歯周病治療では汚れを取りきることはできないと考えています。 そして汚れが残っている状態では歯周病は治らず進行するので、歯肉を大きく下げた治癒形態をとるか、症状が進行して最終的には歯を抜くことになることも多いです。

山浦歯科で行われる歯周デブライドメント

当医院ではその歯石の取り残しの研究や検査に使われるような手術用顕微鏡を用い、手術用顕微鏡下で徹底的に汚れを除去し、歯周病をできるだけ改善し、良い方向にもっていくようにする手術用顕微鏡下におけるデブライドメントという治療を行っています。

顕微鏡下で治療を行うことで
・最大で肉眼の21.3倍(面積にして453.69倍)の強拡大で治療が行えます。
・強い光により明るい視野を確保できます。
→高精度で確実に治療できると考えています。

根面のくぼんでいる部位や根分岐部に感染があると、処置部位はとても狭く暗いので、従来の方法では確実な治療は困難ですが、手術用顕微鏡を用いることで従来不可能だったことが可能になります。

ただし分岐部の下に感染が及んだ場合、顕微鏡でも見ることができなくなるため治療は困難になります。
悪くならないようにするには、早期の全顎デブライドメントは必要不可欠だと考えています。
すでに歯を失っている場合、咬合力の負担のため、欠損部位にはインプラントが必要になる場合もあると考えています。

デブライドメント治療のポイント

  • 歯周病の進行を止め、現状より悪くならないようにし、できるだけ健康な状態にすることを目指します。
  • 少しでも多くの組織の再生を目指します。
  • 維持するためにはセルフケアとメインテナンスが大切で、これができないと再発の可能性が高いので、患者さんの理解と協力が必要になります。
デブライドメントで骨様の硬組織と考えられる再生が得られた症例

デブライドメントで骨様の硬組織と考えられる再生が得られた症例
※これらすべて切開や剥離をせず、歯肉溝からアプローチし根面のデブライドメントのみを行いました。
※エムドゲインなどのグロースファクターや、バイオスなどの補填材などは使用していません。
これらは、切開剥離しないことで、歯周組織のダメージを最小にし、また手術用顕微鏡下で確実にデブライドメントを行ない、患者さん自身の持っている再生能力を発揮できる環境を整えることで、歯周組織のリバウンドにより得られた結果だと考察しています。

山浦歯科医院について
治療について

35.66265349793357,138.5660433681229

山浦歯科医院

35.66265349793357,138.5660433681229