GENERAL DENTAL CARIES TREATMENT一般虫歯治療

Home > 一般虫歯治療

痛みを感じたらお早めにご来院ください

虫歯は、初期段階では痛みなどの自覚症状がありません。痛みが出始めたときにはすでにかなり進行してしまっていますので、放置せず早めに治療を受けましょう。

甲府の歯医者「山浦歯科医院」では、歯を削る量を極力抑え、痛みなどの負担もできる限り少なくした治療を行っています。従来の歯科治療に苦手意識を持たれている方も安心してご来院ください。マイクロスコープを使用したメインテナンスで、虫歯の早期発見も可能です。

虫歯の進行と治療

進行段階 症状 治療法
CO(脱灰(だっかい))
歯の表面に白く濁った部分や着色が見られる状態です。この段階では自覚症状はありません。 適切なブラッシング、歯科医院でのフッ素塗布などで、歯の自然治癒のメカニズムである「再石灰化(さいせっかいか)」を促進させます。再石灰化によって症状が改善する場合もあります。
C1(エナメル質の虫歯)
歯の表面のエナメル質がさらに溶けだし、黒ずみが現れたり、冷たいものがしみたりします。 虫歯になっている部分を削り、その部分にセラミックなどを詰める比較的簡単な治療を行います。
C2(象牙質(ぞうげしつ)の虫歯)
虫歯がエナメル質の内側の象牙質(ぞうげしつ)にまで達した状態です。熱いものや冷たいもの、甘いものを口にすると、歯がしみて痛みを伴うことがあります。 C1と同じく虫歯に冒されている部分を削り取り、詰めもので補います。削る箇所が多い場合は被せものを採用します。
C3(神経の虫歯)
虫歯が歯の内部の神経まで達した状態です。何もしていなくてもズキズキと激しく痛みます。

「根管治療(こんかんちりょう)」で、虫歯菌に冒された神経や血管を取り除きます。その後、被せものを取りつけて歯の機能を回復させます。

C4(歯根(しこん)の虫歯)
歯の大部分が溶け、歯根(しこん)しか残っていない状態です。歯の神経はすでに死んでいるため痛みを感じませんが、放置すると歯の根の先に膿がたまり、再び激しく痛みます。 ここまで進行すると、多くの場合は抜歯が必要になります。インプラントや入れ歯といった治療で、失った歯を補う必要があります。

虫歯を再発させないために

新規で来院される虫歯の患者さまの多くは、「再治療」です。歯が痛むということで診療してみると、過去に治療した箇所の虫歯が再発し、また削らなくてはいけない状態になっているのです。すでに削った歯をさらに削るという行為は、治療のためには必要ですが歯の寿命を縮めてしまいます。そのため、末永く歯の健康を保つためには、より質の高い治療やメインテナンスを受け、再発を予防することが大切です。

山浦歯科の虫歯治療

当院では、より上質な治療をご提供するため、すべての患者さまに自由診療(自費治療)をおすすめしています。一般的な保険診療と当院の診療の違いは、以下の通りです。

  保険診療 山浦歯科医院の自由診療(自費治療)
虫歯に対する処置 肉眼やルーペでの治療になるので、マイクロスコープ(手術用顕微鏡)で行う自費治療ほど患部を正確に視認できない。そのため、虫歯の処置の精度がかなり劣る。また、虫歯の深い部位を補う材質も保険適応のものとなり、強度や接着において自費治療のものに劣る。 すべてマイクロスコープで視野を拡大して治療するため、虫歯の取り残しが無く、神経に近いような深い虫歯の場合も極力神経を保存することができる。また、虫歯の深い部位を補う材料も、歯の象牙質の硬さと同等の硬さになり、高度な接着技術によって隙間なくしっかり補填できる。
形成(削りだし)
・印象
(かたどり)
肉眼やルーペでの治療となり、マイクロスコープで行う自費治療ほど視認性が高くないので、治療の精度がかなり劣る。また印象材は保険適応のアルジネートと寒天の連合での連合印象を用いるため、変形による適合不良が生じやすい。 マイクロスコープで拡大された視野のもと行うので、形成が精密に行え、最終的な修復物を適合良く、綺麗に長持ちさせる形成ができる。また印象にはシリコン印象材を用いるので、精度の高い修復物を作成することができる。
材質 保険診療で用いられる金銀パラジウム合金はエナメル質に比べ柔らかく、たわむ。残された歯をサポートする強度に乏しく、虫歯再発のリスクが高い。金属アレルギーのリスクもあり、生体親和性も低く、また金属の化学反応により口臭の原因物質がでることもある。 自費治療に用いるセラミックは歯のエナメル質と近い硬さのものを用いており、たわみも無く、残された歯をしっかりサポートできる。またセラミックは生体親和性が高く、金属アレルギーなども無いうえに、細菌の塊であるバイオフィルムが付きにくいので衛生的である。
接着 歯面・セット物ともに接着率を高めるための処理は行わず、強度の低いグラスアイオノマーセメントを用いセットする。 修復物のセットに用いるセメントは、世界的に最も接着性・審美性が高いとされる接着性レジンセメントを用いており、強い接着力を発揮する。歯の表面にはエッチング・ボンディングなど歯面処理を行い、修復物セラミック内面にはエッチング処理・シラン処理・ボンディング処理と、セット前に強い接着力を発揮するための工程を必ず行う。
予後 虫歯を取りきることが困難であり、金属のたわみと弱いセメントにより歯を長期に渡りサポートすることが難しい。体に馴染まない材質で、適合に問題がでることもあるため新たな虫歯や歯周病になるリスクがあり、また金属の化学反応や虫歯や歯周病などにより口臭の原因にもなる。 虫歯をしっかり取りきり、セラミックの強度と強い接着により残された歯をサポートする。壊れにくく、体に優しく、細菌の繁殖も少なく、適合が良いので新たな虫歯や歯周病になるリスクがとても低い。結果として審美的に仕上がり、 長期に機能する。
費用 健康保険制度により限られた材質で治療を行うため、治療工程が少なく治療に時間と費用がかからない。 歯にとって最善と考えられる治療を行うため、治療工程が多く、時間と費用がかかる。
※手術用顕微鏡で行うことにより処置が遅くなり時間がかかることはありません。
山浦歯科医院について
治療について

35.66265349793357,138.5660433681229

山浦歯科医院

35.66265349793357,138.5660433681229